XMスタンダード口座に関わるすべての正解を記載する。

この記事は、スタンダード口座の開設方法だけでなく、ZERO口座やマイクロ口座との違い・手数料・レバレッジ・ロット・必要証拠金・通貨ペア・口座の変更方法・スキャルピングについてなど、すべての必要知識を開放している。

多くのサイトは「口座開設のみ」記してあることが多い。

一方、この記事を読むことで口座開設だけでなく、XMスタンダード口座にまつわる疑問はひとつも無くなるはずだ。

※XM口座開設方法(スタンダード・ZERO・マイクロ)はトップページで超具体解説しているため、参考にしてみてほしい。

参考:XM口座開設方法の【完全講義】すべての疑問を解消する

 

※すぐにスタンダード口座開設をしたい、という人は下記へどうぞ

>>XM Trading 公式:スタンダード口座開設ページ

 

それでは、はじめよう。

XM口座開設は「公式」が最も適切である

XMスタンダード口座について網羅的に解説

XM Tradingには、スタンダード・ZERO・マイクロと3つの口座タイプがあり、自由に口座開設することができる。

そして、最も多くのユーザーに指示されているのがスタンダード口座だ。

今回はスタンダード口座について、口座開設だけではなく様々な角度から詳細を解説していく。

XM口座開設前の予備知識【やり方・流れ】

XMスタンダード【レバレッジ】

XMスタンダード口座のレバレッジについて知りたい人もいるだろう。

スタンダード口座で適用できるレバレッジは下記の通りなので口座開設の参考にしてほしい。

XM口座開設には【3種類】のタイプがある

 

スタンダード口座:レバレッジ(口座開設)
  • 1:1 ※レバレッジ 1倍
  • 1:2 ※レバレッジ 2倍
  • 1:3 ※レバレッジ 3倍
  • 1:5 ※レバレッジ 5倍
  • 1:10 ※レバレッジ 10倍
  • 1:15 ※レバレッジ 15倍
  • 1:20 ※レバレッジ 20倍
  • 1:25 ※レバレッジ 25倍
  • 1:50 ※レバレッジ 50倍
  • 1:66 ※レバレッジ 66倍
  • 1:100 ※レバレッジ 100倍
  • 1:200 ※レバレッジ 200倍
  • 1:300 ※レバレッジ 300倍
  • 1:400 ※レバレッジ 400倍
  • 1:500 ※レバレッジ 500倍
  • 1:888 ※レバレッジ 888倍

では、口座開設する際にレバレッジ何倍を選ぶのが適切なのだろうか。

XM新規口座開設【MT4/MT5】

XMスタンダード口座【レバレッジ888倍がお勧め】

結論から言えば、レバレッジ888倍での口座開設がおすすめだ。

このように言うと「ハイレバ仕様の口座開設なんて危険」と警鐘を鳴らす人もいるが、それは到底正しい認識とは言えない。確かに、ハイレバレッジ口座で「ハイレバ取引」を行えば地獄を見ることになるだろう。

 

少ない証拠金で一発当ててやろう、というギャンブル気質の人が行うトレードスタイルのことだ。そうではなく、証拠金に対し損失を2%に留めるよう資金管理を徹底すれば良いだけの話なのだ。こうすれば、レバレッジの高低に関わらずトレードリスクはフェアになる。

つまり、ハイレバ仕様での口座開設は全く危険ではないことがわかるはずだ。

 

また、「投資リスク」という森の視点で考えれば、むしろレバレッジ888倍での口座開設は安全だと言える。

その理由について解説する。

XMトレーディングの【基本通貨】

スタンダード口座の【証拠金について】

ハイレバ口座で適切な取引を行えば、証拠金維持率を高く維持できるようになる。

つまり、「ロスカットされにくくなる」ということだ。

例えば、レバレッジ25倍口座に「100万円」を入金し、ドル円(約107円)を1ロット(10万通貨)で取引した場合は下記のようになる。

 

xmkouzakaisetu

上記の通り、100万円の証拠金に対し、必要証拠金は428,776円になる。

つまり、余剰証拠金は571,224円しか残らない。

次は同条件にて、レバレッジ888倍で口座開設したことを前提に計算してみよう。

 

xmkouzakaisetu

上記の通り、888倍のハイレバレッジ口座では12,071円の必要証拠金で済むことがわかる。

余剰証拠金は、100万円ー12,071円=987,929円 残る、というわけだ。

>>XM Trading 証拠金計算ツール

XMスタンダード口座【ゼロカットについて】

XMスタンダード口座をレバレッジ888倍設定にすることで余力は大きくなり、トレードの幅は広がる。

つまり、ゼロカットされにくくなることが理解できるはずだ。

ただし、だからと言って粘りに粘った挙句、大負けしてしまうこともあるので資金管理は徹底するべきだ。もし、近年起きたフラッシュクラッシュや一昔前のスイスショックなどが起こればひとたまりもないだろう。

そんな時のために、XMスタンダード口座には「ゼロカットシステム」が採用されていることも理解しておこう。

XMスタンダード口座の【ゼロカットシステム】

ゼロカットシステムとは、トレーダーが証拠金以上の損失を被ったとき、マイナス分を証券会社(XM Trading)が補填してくれる仕組みのことだ。

つまり有事の際、どれだけ大きなマイナスを食らったとしても「入金金額以上の損失は出ない」ということになる。国内FX業者で口座開設しても、こうした恩恵を受けることはできないだろう。

XM口座開設【口座タイプ比較表】

【事実】追証は発生しなかった

例えば、一昔前に起きたスイスショックを例に挙げてみよう。短時間で1600pips暴落した惨事のことだ。

このとき、ゼロカットシステム(追証無し)を謳うXM Tradingはどのように対応したのだろうか。次の記述を見てみよう。

 

xmkouzakaisetu

こうした大惨事でも、XM Tradingのゼロカットシステムは適切に機能し、口座開設をしているトレーダーたちを守った事実がある。XM Tradingがどれほどの損害を被ったのかは定かではないが、国内業者では考えられないサポートだ。

XM登録手順【やり方・流れ】ステップ1

XMスタンダード口座【最低入金額】

XMスタンダード口座の最低入金額は「5ドル」だ。

「5ドルで何するの?」という感じだが、もし入金するようであれば振込手数料のかからないクレジットカード入金を選択しよう。

詳しい入金方法はトップページで解説している。

参考:XM口座開設方法の【完全講義】すべての疑問を解消する

XMスタンダード口座【通貨ペアについて】

XMスタンダード口座の通貨ペアは実に多く、55種類以上もある。

通貨ペア一覧を載せておくので参考にしてほしい。

※当然、口座開設後はすべての通貨を利用することができる

 

XMスタンダード口座の通貨ペア一覧
  • AUDCAD・AUDCHF・AUDJPY・AUDNZD・AUDUSD
  • CADCHF・CADJPY・CHFJPY・CHFSGD
  • EURAUD・EURCAD・EURCHF・EURDKK・EURGBP・EURHKD・EURHUF・EURJPY・EURNOK・EURNZD・EURPLN・EURRUB・EURSEK・EURSGD・EURTRY・EURUSD・EURZAR
  • GBPAUD・GBPCAD・GBPCHF・GBPDKK・GBPJPY・GBPNOK・GBPNZD・GBPSEK・GBPSGD・GBPUSD
  • NZDCAD・NZDCHF・NZDJPY・NZDSGD・NZDUSD
  • SGDJPY
  • USDCAD・USDCHF・USDCNH・USDDKK・USDHKD・USDHUF・USDJPY・USDMXN・USDNOK・USDPLN・USDRUB・USDSEK・USDSGD・USDTRY・USDZAR

通貨ペアの中でも、「メジャー通貨」と呼ばれるものは次のペアだ。

 

メジャー通貨:例
  • EUR/USD
  • USD/JPY
  • GBP/USD
  • USD/CHF
  • USD/CAD
  • AUD/USD
  • NZD/USD

【口座有効化までの時間・日数】

XMスタンダード口座【手数料について】

XMスタンダード口座の手数料(取引手数料)は「ゼロ」だ。マクロ口座も同様であり、手数料は一切かからない。ただし、「ゼロ口座」は手数料が必要になるため、口座開設の際に注意しつつ検討してほしい。

XMスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座手数料

簡単な比較表を作成してみた。

 

口座名 取引手数料
スタンダード口座 0円(なし)
マイクロ口座 0円(なし)
ZERO(ゼロ)口座 10ドル/1ロット ※ECN方式

ゼロ口座のECN方式手数料については後程詳しく解説する。ゼロ口座に関しては、1ロット(10万通貨)取引で10ドルの手数料がかかると理解しておけばOKだ。

XM新規口座開設【口座タイプ比較表】

XMスタンダード口座【スキャルピング】

XMスタンダード口座で口座開設したとして、そもそもスキャルピングはできるのだろうか。

答えは、「YES」だ。

 口座開設後のスキャルピングは認められている↓

 

xmkouzakaisetu

※XM Trading 公式【よくある質問】から引用

これで、スキャルピングが禁止されていないことがわかった。

それでは、XMスタンダード口座はスキャルピングに適しているのだろうか。

せっかく口座開設してもスキャルピングに不向きであれば意味はない。

結論から言えば、XMスタンダード口座でのスキャルピングはお勧めだ。XM Tradingはリクオートがなく、約定力もかなり強いからだ。

XM新規口座開設ボーナスを獲得する

 

 口座開設がおすすめな理由:リクオートなし・約定力が強い

 

xmkouzakaisetu

リクオートとは、外国為替証拠金取引において、FX業者が提示したレートの約定を拒否し、レートを再提示してくることを言う。もう少しわかりやすく言えば、注文したのに約定されなかったり他のレートを提示されたりする現象がリクオートだ。

 

例えば、激しい変動相場の場合、自身にとって有利なタイミングで決済を試みても、レートが再提示されてしまうため、望んだタイミングで約定できない不運に見舞われる。

 

一般にリクオートは、DD方式(顧客とブローカーが1対1で取引を行う方式)のFX業者で起こることが多く、通常、再提示されるレートは、当初発注したレートより不利になることがほとんどだ。

 

そして、残念ながら国内FX業者で口座開設するとリクオートが頻繁に起こる印象がある。

 

当たり前だが、トレーダーの注文通りに決済させるとブローカーが損してしまうことがある。そうしたことを回避するため、FX会社はリクオートで約定拒否をし、自社の利益を守るというわけだ。

XM新規口座開設【100%入金ボーナス】

XMスタンダード口座で【スキャルピングはおすすめ】

XM Tradingであればスタンダード・ゼロ・マイクロで口座開設してもリクオートの心配はなく、取引きの99%以上が1秒以下で約定できる。

つまり、スキャルピングに適した口座(FX業者)だと言えるだろう。

XMスタンダード【ロット・最小ロット】

XMスタンダード口座のロットは次の通りだ。(口座開設の基本ロット)

  • 1ロット=10万通貨
  • 10ロット=100万通貨
  • 100ロット=1000万通貨

国内業者で口座開設すると「1枚」と表現することが多く、その場合は1万通貨という意味なので混同しないようにしよう。

※10枚=10万通貨

 

国内業者での口座開設&海外業者での口座開設

国内業社で口座開設した場合と海外業者で口座開設した場合は、建玉の呼び方や単位が異なるので注意しよう。

  • 1ロット/10万通貨(海外業者で口座開設した場合)
  • 1枚/1万通貨(国内業者で口座開設した場合)

XM新規口座開設は【個人でのみ可能】

XMスタンダード口座の【最小ロット】

では、XMスタンダード口座で口座開設した場合の「最小ロット」はどれくらいなのだろうか。

答えは、0.01ロットだ。

  • 0.01ロット=1000通貨

このように、XMスタンダード口座はかなり小さいロットでも取引可能だ。

XMスタンダード口座【MT4/5について】

XMスタンダード口座では、XM Trading MT4/MT5が利用できる。もちろん、マイクロ・ZERO口座でも使用可能だ。「特に優秀」というわけではなく、仕様や使い方は他の業者と同じイメージで良いだろう。

ダウンロードやセットアップ方法については、トップページで詳しく解説しているので参考にしてほしい。

参考:XM口座開設方法の【完全講義】すべての疑問を解消する

XM登録手順【MT4】ダウンロード

XMスタンダード口座とマイクロ口座の違い

XMスタンダード口座とマイクロ口座の違いは、「ロットの大きさ」だけだ。あとの仕様はすべて同じだと認識しておこう。

 

マイクロ口座のロット・最小ロット
  • 1ロット=1000通貨
  • 最小ロット=0.01ロット(10通貨)

最もミニマムな取引ができる口座がマイクロだ。

【MT4:セットアップ】

XMスタンダード口座とZERO(ゼロ)口座の違い

ここで、XMスタンダード口座とZERO(ゼロ)口座の違いについても触れておこう。

先述したように、ZERO(ゼロ)口座ではECN方式が採用されているため、取引ごとに手数料が発生する。

 

ECN方式とは(国内で口座開設すると適応される)

ECN方式とは、スプレッドに業者の利益を乗せない代わりに別途取引手数料を徴収するシステムのことだ。一方、STP方式はスプレッドに業者の利益を乗せた上でスプレッドとして提示するものになる。ちなみに、国内業者で口座開設するとすべてSTP方式になることを覚えておこう。

こうした理由から、ZERO(ゼロ)口座では1ロットの取引ごとに「10ドル」の手数料が必要になる。ただし、その分のメリットもあることを説明しよう。

2回目の追加口座開設【実演】

XM口座比較【スタンダード・マイクロ・ZERO(ゼロ)口座】 

これまで断片的に各口座の違いについて説明してきたが、もっと分かり易くなるよう下記比較表を作成してみた。ここでは、特にZERO(ゼロ)口座に注目してほしい。

 

  スタンダード口座 マイクロ口座 ZERO口座
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
ロスカット維持率 20% 20% 20%
1ロット 10万通貨 1000通貨 10万通貨
最小ロット 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(10通貨) 0.01ロット(1000通貨)
最大ロット 50ロット 50ロット 100ロット
ゼロカット・追証 ゼロカットシステム対応・追証なし
入金手数料 無料 無料 無料
最低入金額 500円(5$) 2万円(200$)
出金手数料 無料(2万円未満は3,000円前後の手数料)
銀行出金:別途リフティングチャージ(受取手数料:約5,000円)
取引手数料 無料 無料 往復10ドル/1ロット
通貨ペアの種類
  • FX/57種類
  • コモディティ/8種類
  • 株式指数/30種類
  • 貴金属/4種類
  • エネルギー/5種類
取引プラットフォーム MT4・MT5
両建て 同一口座〇・複数口座×・異業者間×
平均スプレッド ドル円2.0pips・ユーロドル1.9pips・ユーロ円2.7pips 0.1pips~
口座開設ボーナス 3000円 3000円 3000円
入金ボーナス100% 入金100%ボーナス(500$) なし
入金ボーナス20% 入金20%ボーナス(4,500$) なし
キャッシュバック 1ロット往復取引 = 3.3ドル~6.6ドル なし

上記の通り、スタンダード口座とマイクロ口座はほぼ同じ仕様だが、ZERO(ゼロ)口座だけが特質系口座だとわかる。

>>XMで口座タイプを選ぶ

【ZERO口座開設】XM

XMスタンダード口座とZERO(ゼロ)口座

それでは、結局のところスタンダード口座とZERO(ゼロ)口座はどちらを口座開設するべきなのだろうか。ここで、ZERO(ゼロ)口座独特の特徴をまとめてみる。

 

XMゼロ(ZERO)口座のポイント
  • 最大レバレッジ 500倍
  • 最大ロット 100ロット
  • 最低入金額 200ドル
  • 取引手数料 10ドル/1ロット
  • 平均スプレッド 0.1pips~
  • ボーナス 無し

私は超ハイレバ取引を推奨していないため、注目してほしいいのは「平均スプレッド 0.1pips~」だ。スプレッドが極限まで小さいことから、スキャルピングに向いた口座だと理解できるだろう。

 

ただし、取引手数料がかかるため、スタンダード口座よりも圧倒的にスキャルピングに適しているわけではないことも認識しておくべきだ。スキャルピングに関しては、「どちらかと言えばZERO口座かな」というレベルの話だ。

 

つまり、スキャルピングしかやらないのであればZERO(ゼロ)口座はおすすめだ。一方で、通常のトレードもやる、ということであればスタンダード口座で口座開設しておけば良いだろう。

>>ゼロ口座を開設する

XM口座開設【必要書類の予備知識】

XMスタンダード・マイクロ・ZERO:スプレッド表

ここで、XMスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ(ZERO)口座のスプレッド比較表を記載しておく。

口座開設する際、口座選定の参考になれば幸いだ。

※念のため、メジャー通貨には背景色を付けてある

 

通貨ペア スタンダード口座・マイクロ口座
最小~平均スプレッド
ZERO(ゼロ)口座
最小~平均スプレッド
AUDCAD 2.1pips / 3.0pips 0.0pips / 1.0pips
AUDCHF 1.2pips / 3.5pips 0.0pips / 1.5pips
AUDJPY 1.0pips / 3.3pips 0.0pips / 1.2pips
AUDNZD 1.4pips / 4.5pips 0.0pips / 1.7pips
AUDUSD(豪ドル/米ドル) 1.0pips / 1.9pips 0.0pips / 0.3pips
CADCHF 2.4pips / 3.7pips 0.0pips / 1.9pips
CADJPY 1.3pips / 3.4pips 0.0pips / 1.4pips
CHFJPY 1.0pips / 3.0pips 0.0pips / 0.7pips
CHFSGD 2.2pips / 25.0pips 0.0pips / 17.5pips
EURAUD 2.3pips / 3.8pips 0.0pips / 1.0pips
EURCAD 2.1pips / 3.5pips 0.0pips / 0.9pips
EURCHF 1.7pips / 2.7pips 0.0pips / 0.8pips
EURDKK 10.6pips / 27.0pips 0.0pips / 11.5pips
EURGBP 1.0pips / 2.0pips 0.0pips / 0.4pips
EURHKD 7.4pips / 33.0pips 0.0pips / 15.0pips
EURHUF 8.0pips / 30.0pips 0.0pips / 20.2pips
EURJPY 1.0pips / 2.5pips 0.0pips / 0.2pips
EURNOK 13.5pips / 69.7pips 0.0pips / 43.8pips
EURNZD 2.8pips / 6.7pips 0.0pips / 3.0pips
EURPLN 29.9pips / 50.0pips 0.0pips / 27.9pips
EURRUB 16.5pips / 42.0pips 0.0pips / 28.0pips
EURSEK 17.7pips / 55.0pips 0.0pips / 30.0pips
EURSGD 2.4pips / 16.3pips 0.0pips / 9.0pips
EURTRY 11.1pips / 75.0pips 0.0pips / 65.0pips
EURUSD(ユーロ/米ドル) 1.0pips / 1.6pips 0.0pips / 0.1pips
EURZAR 24.8pips / 150.0pips 0.0pips / 95.0pips
GBPAUD 1.2pips / 3.9pips 0.0pips / 2.0pips
GBPCAD 1.5pips / 5.2pips 0.0pips / 2.2pips
GBPCHF 1.6pips / 4.0pips 0.0pips / 1.9pips
GBPDKK 3.0pips / 55.0pips 0.0pips / 33.9pips
GBPJPY 1.0pips / 3.3pips 0.0pips / 0.9pips
GBPNOK 13.0pips / 78.0pips 0.0pips / 61.0pips
GBPNZD 3.5pips / 8.0pips 0.0pips / 4.0pips
GBPSEK 33.0pips / 85.0pips 0.0pips / 47.0pips
GBPSGD 4.2pips / 28.0pips 0.0pips / 13.0pips
GBPUSD(英ポンド/米ドル) 1.0pips / 2.1pips 0.0pips / 0.3pips
NZDCAD 3.1pips / 4.5pips 0.0pips / 1.9pips
NZDCHF 2.1pips / 5.0pips 0.0pips / 2.7pips
NZDJPY 1.4pips / 5.0pips 0.0pips / 2.5pips
NZDSGD 3.4pips / 25.0pips 0.0pips / 18.3pips
NZDUSD(ニュージーランドドル/米ドル) 1.1pips / 2.9pips 0.0pips / 1.0pips
SGDJPY 3.3pips / 20.0pips 0.0pips / 14.3pips
USDCAD(米ドル/カナダドル) 1.0pips / 2.1pips 0.0pips / 0.6pips
USDCHF(米ドル/スイスフラン) 1.0pips / 2.3pips 0.0pips / 0.5pips
USDCNH 1.8pips / 3.0pips 適用外
USDDKK 2.0pips / 34.0pips 0.0pips / 7.9pips
USDHKD 1.1pips / 2.8pips 0.0pips / 0.5pips
USDHUF 10.1pips / 25.0pips 0.0pips / 14.0pips
USDJPY(米ドル/円) 1.0pips / 1.6pips 0.0pips / 0.1pips
USDMXN 17.0pips / 110.0pips 0.0pips / 50.0pips
USDNOK 5.2pips / 55.0pips 0.0pips / 35.6pips
USDPLN 7.2pips / 37.0pips 0.0pips / 24.0pips
USDRUB 18.5pips / 420.0pips 0.0pips / 290.0pips
USDSEK 2.9pips / 49.0pips 0.0pips / 30.3pips
USDSGD 3.0pips / 20.0pips 0.0pips / 13.6pips
USDTRY 6.9pips / 65.0pips 0.0pips / 50.0pips
USDZAR 11.5pips / 16.0pips 0.0pips / 9.6pips

上記の通り、ZERO(ゼロ)口座のスプレッドは非常に小さい。

ただし、取引手数料を考えるとスタンダード口座を口座開設したときと大きな差はないとわかるはずだ。

個人的には、ZEROは非常に悩ましい口座であり、口座開設する際に悩みのもととなる印象である。

正直なところ、スタンダード口座とマイクロ2つだけの方がユーザーにとっては分かり易いのではないだろうか。

繰り返しになるが、迷ったらスタンダードで口座開設しておけばOKだ。

XM口座開設ボーナスを請求しよう【2種類】

XMスタンダード口座の【変更方法について】

もし、XMスタンダード口座を口座開設後にマイクロやZERO(ゼロ)に変更したい場合は、「追加口座」で新たに口座開設し、資金振替することをお勧めする。残念ながら、開設後の口座タイプ変更はできないからだ。

ただ、追加口座については個人情報の入力や本人確認が必要ないため、1分もかからず口座開設できるので安心してほしい。

 

口座開設後の変更は追加口座を作る
  1. 口座開設後にスタンダード・マイクロ・ゼロなどに変更したい↓
  2. 口座開設後の仕様変更はできないため、「追加口座」を作る↓
  3. 資金を移動する(新規に口座開設したところへ)

XM口座開設【MT4にログインできない】

XM口座タイプ変更:スタンダード・マイクロ・ゼロ

 追加で口座開設する手順

まずは、ホーム画面の「追加口座を開設する」をクリックしよう。

 

xmkouzakaisetu

口座タイプを選び、各項目を入力する。

あとは、「確認」にチェックを入れて「リアル口座開設」でOKだ。

 

 口座タイプを選ぶ⇒確認⇒口座開設完了

 

xmkouzakaisetu

すると下記画面が表示され、これだけで追加口座は開設できる。

※追加は8個まで口座開設可能

 

xmkouzakaisetuメールボックスにも次のようなメッセージが届いており、追加の口座開設が完了したと明記されている。

 

xmkouzakaisetu

XMリアル口座のサーバー名がわからないとき

XM口座タイプの変更【資金の振替え】

あとは、資金の振替えを行えば新たに開設した追加口座で取引することが可能になる。

ホーム画面にある資金の移動元口座の「オプションを選択する」を選択し、「資金振替」をクリックしよう。

 

xmkouzakaisetu

次に表示された画面で、振替え先の「口座番号」を選択し、振替金額を入力する。

最後に、「リクエストを送信」を押せば資金移動の完了だ。

 

xmkouzakaisetu

XM trading スタンダード口座まとめ

今回は、XMスタンダード口座にまつわる疑問について網羅的に解説してみた。多くの問題は解決したはずだが、肝心の「口座開設方法」についてこの記事では紹介していない。

冒頭で説明した通り、口座開設方法はトップページで超具体解説しているからだ。ぜひ、参考にしてみてほしい。※もちろん、口座開設だけでなく多くの正解を記している

参考:XM口座開設方法の【完全講義】すべての疑問を解消する

 

なお、仕様は理解したのですぐにスタンダード口座開設をしたい、という人は下記へどうぞ

XM Trading 公式:スタンダード口座開設ページ

XM口座開設のやり方・流れ

 

言うまでもないが、投資にリスクは付きものであり、特にハイレバ口座での口座開設は慎重に行う必要がある。

大きなロットでハイレバスキャルピングを行えば、あっという間に大金を稼ぐことができるだろう。

その反面、再起不能レベルのマイナスを被ることもあるため、注意しつつ堅実に資産を積み上げてもらいたい。

XM新規口座開設は【公式から行うべき】

 キャッシュバックサイトについて